2006年06月22日

病院選び

今月3日から始まったルビーのヒートも、もう3週間近く経ちました。
出血はかなり少なくなり、色も薄くなっているので、そろそろ終わりかなぁと思います。
避妊手術を考えていた矢先のヒートでした。

手術をする病院を決める時、最低2つは病院を見ておいた方がよいだろうと、いつもと違う病院にも手術の話を聞きに行きました。
耳をよく掻いていたので、それも見てもらいました。

病院をたった2箇所行っただけなのに、その違いに驚いたのです。

A病院(初めて行く病院です。)
・手術では卵巣だけを取る。健康な子宮を残しても病気の心配はないので、犬の負担をできるだけ軽くしてやる方がよい。
・耳に微量の細菌がいるようなので、掻くのはそれが原因。→薬を処方。


B病院(何度か通っている近所の病院です。)
・手術では子宮と卵巣を両方取る。子宮を残しては、後々の病気の原因を完全に取り除くことはできない。
・耳の鼓膜の周りに少量の汚れがついているのが掻く原因。→何度も耳掃除。薬はなし。



CIMG0282.JPG
「全然違うね、ママ・・・」


ホントだね、るびたん。。。病院によってこんなに違うとは思いませんでした。
診断以外の点も比べてみましょう。


A病院
・年中無休、24時間体制。
・混んでいて待ち時間が長い。駐車場待ちをする事も。(車で10分程度の距離)
・先生が数人いる。


B病院
・水曜と日曜の午後は休診。
・新しい病院なので空いていてすぐ診てもらえる。
・先生一人と看護婦さん二人のこじんまりした病院。
・歩いて行ける距離。

近所で犬を飼っている知人が少なく、どちらも診察の評判については聞く機会がありません。


う〜ん、困りました。ネットでも避妊手術について調べてみましたが、
やはり両方の意見がありました。

24時間年中無休は心強い、でも駐車場にすら入れなかったら・・。
できて間もない病院に手術をお願いするのは無謀では・・・。
色々考えてしまいます。




CIMG0292.JPG
「ママ、先生を見なきゃダメじゃん。」



そ、そ、そうだねるびたん。そこが肝心だよね。



CIMG0288.JPG
「るびはB病院の先生が好きだなー」


そうだったね。るびはB病院の先生と看護婦さんが大好き。
いつもとても優しく、るびを可愛いがってくれます。

A病院に行った時は緊張したのか固まってしまい、先生と仲良くできませんでした。


やっぱりB病院にしよう。るびが安心できる先生にお任せしよう。
そう決心し、今月26日に手術をお願いしました。
出血が止まって間もない頃がよいですよ、と先生が仰ったからです。



やっと決まった。。。やれやれ。。。と思っていたその矢先、ネットで
目にした文字は。。。



「ヒート後1ヶ月は手術まであけた方がよい」



ぬ、ぬぁにぃ〜〜!!




いえいえ、もう迷いません。説が確立していない事は、充分にわかりました。B先生を信頼します。



CIMG0315.JPG
「大丈夫よ、ママ」


うん。頑張ろうね。

















ニックネーム しーま at 11:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする