2006年08月28日

ルビーに負けた日

少しづつですが、朝夕涼しい時間が増えてきましたね。
夕方のお散歩時に聞こえてくるのも、セミの声から秋の虫の声に変わってきました。

昼間は相変わらずの暑さで、玄関の大理石もどきの上が今もお気に入りのようですが、問題は夜。

ルビーを迎える時に、「これだけは守ろう」と決めた事があります。

1、「人間の食べ物はあげない」
2、「ケージで寝かせる」

この2つだけは守ろうと思って・・・いたのだけれど。

1ヶ月ほど前、突然るびがケージで寝なくなりました。
暑かったのもあるでしょうが(でも隣の部屋からクーラーが届くようにはしてました)

「私はもうここには入らないからね〜」という固い意志・・というか
「もう決めたからヨロシク」という事後報告みたいな感じでした。

私も頑固な方なので、「ダメなものはダメ!」とかなり頑張りましたが、

「悪いけどこれは譲らないわ。」

というるびの鋼鉄の意志が一枚上手で、その日を境にケージには水を飲む時以外はまったく入らなくなりました。


私がわんこに負けるなんて。あぁショック。


わんこは飼い主に似ると言いますが、私以上に頑固に育つとは。。
我が家に迎え入れたその日から、ずいぶんしっかりしてたもんねぇ。
そのおかげでかなり楽をさせてもらったけれど。




CIMG0689.JPG
         立派な水飲み場と化したケージ


これがまた、「虎の子でも飼うの?」ってぐらいしっかりした作りで。
大きさは60×90で普通なんですが、とてつもなく重いのです。
折り畳めるようにはなってますが、畳んだところで私には持てません。


どうするのよ、これ。


今、るびは自分の好きな場所で寝ています。
気分次第で夜中にも移動しているようで、時々廊下を歩く「コチコチコチ・・」という足音が聞こえます。
家族の寝室を回り、ペロペロッと挨拶をしてまたどこかへ行きます。

「ちゃんと寝てるわね。。。いい子ね。」とチェックされてるみたい。

しつけの先生が聞いたら卒倒するかしら。


困ったのは帰省の時。母の目をごまかさなければいけません。
母はわんこが大好きだけれど、こんなに自由にさせていたら
「しつけがなってない!」と怒るでしょう。ごもっとも。

そこで、「ここで寝てます」(←大ウソ)とごまかすためにクレートを用意しました。


CIMG0691.JPG  CIMG0695.JPG


折り畳めるから場所を取らなくてまぁ便利♪・・・ふんずけてますが。
これにも一回も入ったことはありません。

わんこは狭くて暗いところが好きなんじゃないの?
戌年生まれの息子はそういう場所が結構好きなので、「さすが犬」と思っていましたが、るびにはそういう傾向は見られません。


どこかで入れ替わったんじゃ・・・。(汗)


わんこを飼ってみて、「思ってたよりずっとお世話が楽」という事もあれば、「こんなはずでは・・」と思う事もあったり。


でも毎日楽しいよ。
似たもの同士、これからも仲良くしようね。



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ←ランキング用バナーです。clic please

ニックネーム しーま at 12:27| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする