2006年09月05日

わんこの日本語理解力

やっと朝夕涼しい時間が増えてきて、今朝のお散歩は久しぶりの1時間ロングコースでした。^^

朝から「よし、今朝はロングだ!」と気合を入れていると、それだけでるびに伝わるのですね。
一瞬で目が飛び出して興奮してくるのがおかしいです。


どうしてわかるんだろう?何も言ってないのに。


これが口に出して言葉にするともう大変。
小さい声で話していても、

「テッテケテッテッテー!」

と遠くから走ってきて、一人(一匹?)で喜びを表現しています。



「え、聞こえた?うそ・・・マジで?」


と、驚く事もしばしば。


特に反応する言葉は、みんな同じかもしれないけれど

「お散歩」
「ごはん」
「おやつ」
「行く」

あたりでしょうか。


そこで、るびにわからないようにと言葉を変えてみました。

まず、「お散歩」を「おぽんさん」(マヌケだわ・・・。)に変えて話してみました。



CIMG0719.JPG

               「え?散歩?」


目をそらして「おぽんさん・・・」と呟く息子。(アブナイ・・・。)

でも、寝てたのに振り向いたし!
もしかしてアクセントが強い言葉に反応してる?と思い、一言づつ切ってみました。

「お」
「さ」
「ん」

・・・ここまでは反応せず。ところが


「ぽ」


で、「行くわよー!」状態に。(お散歩、行きましたよ〜)


るびたん、「ぽ」に反応してたんだね。
今回のは偶然かもしれないけれど、反応が変わるからおもしろいです。


じゃあ、「ごはん」はアクセントの強い「ご」かな?



「ご」


CIMG0728.JPG

               「・・・・・・?」


・・・違った。



「はん」



CIMG0724.JPG

           「え?ごはん?ごはん??」
  


こっちでしたか。(ごはんもあげましたよ〜)




実際は言葉だけじゃなくて、人間の動作や心の動きを敏感に察知して、両方から反応してるのでしょうね。



わんこってすごいなぁ。




にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ


ニックネーム しーま at 11:48| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする