2006年11月14日

カマキリさんはどこへ行く

今日は比較的暖かいので、曇らないうちにお散歩に出ました。

毎日のお散歩で出会う風景も、季節とともに変わっていきます。

今日はいっぱい写真撮るよー!


     CIMG1366.JPG

自分の写真じゃなければいいのよね、アナタは。^^

家を出て1分、そこで出会ったのは


CIMG1341.JPG
 道路のど真ん中で日向ぼっこ中のカマキリさん。。


 そんなところでゆっくりしてたら、轢かれるよー。


     

    
     CIMG1368.JPG

そうよね・・。
こんな車道の真ん中で写真撮ってる私が轢かれるわ・・。


いつもの道なのに、咲いているお花もずいぶん変わりました。



CIMG1352.JPGCIMG1365.JPGCIMG1357.JPG
CIMG1354.JPGCIMG1350.JPGCIMG1353.JPGきゃば寿司るびたん.jpg
CIMG1362.JPGCIMG1373.JPGCIMG1370.JPG


秋のお花も綺麗ですね。

空いたスペースに、もこ魚さん作の「るびたんキャバ上寿司」も入れてみました。^^
もこ魚さん、いつも楽しい画像をありがとう。


たくさん撮れて満足、満足。


さて、帰り道。
自動車修理工場の横を歩いていると、小さな悲鳴が聞こえました。


             CIMG1377.JPG

               「助けてぇー!!」

た、大変!カマキリさんがボンネットに挟まってもがいています。
すごく苦しそうです。
でも、ボンネットを開けずに引っ張ったら千切れてしまう・・・。

こんな事でお仕事している人を呼びつけていいのか迷いましたが
丁度出てきた二人の修理の方に、遠慮がちにお話してみると、
心よく聞いて下さいました。



が。



二人ともカマキリが怖いらしく、ボンネットを開けたものの
ぴょ〜んぴょ〜ん、と原住民の踊りのように飛び跳ねながら
カマキリから遠ざかって行くのです。

「お、お前取ってくれ!」
「オレ無理!絶対無理!」
「おーい!佐藤!来てくれー!」


カマキリ1匹に3人がかりです。(爆)



情けないぞ、若者よ。。。



ようやく助け出されたカマキリは、田んぼに放してもらえました。
何とか無事のようです。



ありがとうありがとう、ではさようなら。(意外とアッサリ帰る私)


再び帰路についていると、またもやカマキリさんと会いました。


CIMG1381.JPG
 さきほどの方のご親戚ですか?

 いえいえ、お礼などいりません。

 ご無事で何よりです。




最近はカマキリさんの大移動でも始まっているのでしょうか。

明日もまた会うかな。



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ













ニックネーム しーま at 12:58| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする