2006年11月02日

お散歩頑張ってます!

もう11月だというのに、秋晴れが続いて暖かいですね〜。
こんなお散歩日和にじっとしてたらもったいない!って事で
ここ数日はロングお散歩を頑張ってます。


☆一昨日☆


   CIMG1201.JPG

大渕池公園へ。
お天気がよくて眩しかったから、好々爺のようなお顔になってます。^^

るびは「世の中に怖いものなど何もない」ような気丈なお嬢さんなのですが、たった一つだけ怖いものがあるのです。
それはこの公園の中にあります。



CIMG1198.JPG   CIMG1199.JPG
   「絶対イヤー!」        「早く助けなさいよー!」


つり橋がね、怖いんですって。あらびっくり。
雷だろうと花火だろうと大きなワンコさえ平気なるびたんも、これだけはダメです。

揺れるし、キュイキュイと不気味な音がなるし、下が見えるしね。
初めて怖いものを発見して、ちょっとうれしかったです。

あまり嫌がるので抱っこして渡っていたのですが、途中イジワルして降ろしてみたところ、お尻を上げた状態で固まってしまいました。
そーかそーか、怖いのか。ふっふっふ。(←なぜ笑う?)

るびたんの怖がる姿が見れた、有意義なお散歩でした。



☆昨日☆

またまた矢田自然公園へ。
相変わらずの貸切状態で、思う存分走ってきました。



CIMG1204.JPG    CIMG1206.JPG
   びゅーんびゅーん         「ウサギじゃないですよー」


CIMG1209.JPG

             うれしそうな顔して走ってます。^^


  CIMG1202.JPG
            「意外とイケルじゃない!」

初めて草の味を知りました。



☆今日☆

ご近所めぐりです。
この辺は普通の住宅地なんですが、お散歩してると突然神社が現れるんです。
さりげな〜く住宅地にひょっこりと。さすが奈良。
先日も「こんなところに・・・」と見つけたのに、今日もまた発見しました。

CIMG1216.JPG   CIMG1215.JPG


これまたさりげな〜く重要文化財と、当たり前みたいに書いてありました。

わんこ連れでもOKと許可をもらいましたが、緊張しますね。
「重要文化財にウ○チ」という荒業だけは、何としてでも避けなければ!
中ではずっと抱っこすることにしました。


CIMG1217.JPG
  「美しく 森を守らば この国の
  
     まがも さけえむ

         代々を かさねて」




「まがも さけえむ」がわかりません。どなたか通訳をー。



CIMG1221.JPG  CIMG1218.JPG

神社の中にまたさらに神社があるらしい。。この山道のずっと奥に。。
これは行かねばなるまい!と、るびを抱っこのままゼイゼイと歩きました。
お・・重い・・まだかしら・・と数分歩くと

      CIMG1219.JPG        
       あったー!!


      CIMG1220.JPG
 
       ・・・こ、これぇ〜!?(爆)

思わず膝が崩れそうな小さな神社がひょっこりでてきますた・・・。

いえいえ、大きさでありがたみはかわりませんね。(若干無理アリ)
しっかり手を合わせて、震える足で帰路につきました。


さぁ、明日はどこに行こうかな。

明日も晴れますように。


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ


[追記]
 明日も明後日も息子の試合だったー!
 ごめんね、るびたん。

ニックネーム しーま at 14:10| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが奈良〜ご近所にも色んな発見があるんですね〜
「まごもさけえむ」全然わかりません。。。
噴水前のるびたんの顔〜〜〜笑わせて頂きましたぁ〜♪
ムクも外で暑くて疲れた時になる顔があるんだけど、その顔もるびたんに負けない位笑えま〜〜す!
つり橋は、揺れるし下が見えるから、きっとワンコは怖いでしょうね〜
ムクは道路にある、アミアミの所でさえ歩けないですよ。。。
Posted by ムクまま at 2006年11月02日 15:58
おっと今日は一番かな。
神社にお参りしたご利益かしら。

通訳は慎之介父さんくらい年期の入った人しかできないんじゃない。

霊山寺はワンコ禁止でしょうか?
行った事ないんだなあ。
バラがきれいといううわさだけ聞いてます。
Posted by やまさん at 2006年11月02日 15:58
るびたんいろんな所にお散歩連れて行ってもらって幸せだね!これからまた紅葉などを一緒に見にいかれるといいかもですね
ママさんは奈良の方なんですね。
いいですね近くにいろいろ見るところがあって。
ミュウママ奈良はお決まりの修学旅行でしか行ったことありません。もう何年も前になりますがね。
Posted by ミュウママ at 2006年11月02日 16:20
初めまして!いつも読み逃げさせてもらってます〜☆
以前から関西の方?お友達になりたいなぁ〜と思っていました♪
ウチにも5ヶ月のわんぱくキャバがいるので
いつか、奈良上陸したいです〜
阪奈で酔いそうでドキドキですが(笑)
また、遊びに来させてくださいね〜!
Posted by サヤカ at 2006年11月02日 17:23
>ムクままさん

住宅地にも木の中に隠れるように神社があったり、道端にお地蔵さんが並んでいたり、奈良って不思議です。
るびは道路の上のアミアミは平気なんだけど、ちょっとした溝でも飛び越えられないんですよ〜。
もしかしたら運動オンチなのかも。


>やまさん

残念、タッチの差で2番でしたね。(笑)
「まがも さけえむ」は父さんでも年期が100年ぐらい足りないかも。。
霊山寺、まだ行ってないの。
お風呂や料理もあるみたいで、ずっと気になってるんだけど、
あの辺は「出るらしい」って噂を聞いちゃって・・。(笑)


>ミュウママさん

私はとっても冷え性なので、寒くなる前にお散歩を楽しんでおこうと、なんだか必死になってます。^^
奈良はいいところなんですけど、京都みたいに営業上手じゃないので華やかさには欠けるかな。
でものんびり落ち着けるいいところです。^^

>サヤカさん

初めまして。コメントありがとうございます!
サヤカさんも関西の方ですか?
5ヶ月なんてカワイイ盛りですね〜。
是非、阪奈を飛ばして奈良まで遠征に来てください。
生駒のトンネルが長いんですよねぇ。
あの山さえ越えれば大阪なのに、とよく思います。(笑)
Posted by しーま at 2006年11月02日 18:04
まがもさけえむ、謎ですねー。
まがまがしいものを避けて笑む?父さん母さん助けて下さいという気持ちですね。
るびたんのお散歩バリエーション豊かで、素晴らしいですね!
吊橋で固まってるのすごくかわいいです。
できれば克服しないで、その苦手だけはとっておいて欲しいって思っちゃうくらい、いつになく頼りないるびたんに私はとろけてしまいました。
Posted by ジュリアママ at 2006年11月02日 18:06
慎之介父さんより
ほんの少し年上らしい私がずばりお答えします。

その辺は鴨の産地ですか?
まがもは真鴨ですね。

さけえむは栄えるのなまり表現です。

この句の大意は「森を美しくしておけば、このあたりの真鴨は増え続けるでしょう。」と言う事です。

問題解決。

ただ一つ疑問が・・・
鴨って森に住んでいるの???

るびたんの弱点発見。
何故か私も「ふっふっふ」です。

Posted by かめ母さん at 2006年11月02日 18:28
るびたん草の味を覚えちゃったのね・・
「カーッ」ってしませんでした?
うちもつり橋とまではいかないけど木の橋とか
隙間がある橋は怖がりますね。
最初なんでこんなに橋渡るのイヤイヤするんだろ〜?
って思ってたのですがワンコ的には隙間から下が見えちゃうのね〜。
Posted by れんこん at 2006年11月02日 18:59
ほほお。さすがかめ母さん。
脱帽です。

霊山寺のあたりって出るの?
夜な夜な何回も通ったけど見たことないよ。

うちのパパは生駒在住の折、終電がなくなって生駒トンネルの線路を歩いて通ったことがありますよ。
良い子はまねしちゃだめだぞ!!
Posted by やまさん at 2006年11月02日 21:28
>ジュリアママさん

そうそう、たまには弱点も見せてくれないとね〜。
家の中にもつり橋を作ろうかしら。(笑)

私も「さけえむ」は「避ける」っていう意味かなと思ったので、「まがも」は悪いものの意味だと思っていました!


>かめ母さん

さすが母さん!ずばりお答え、ありがとうございます。
「真鴨が栄える」だったのですね〜。
このあたりが鴨の産地かどうかはよくわかりません。
池はありませんが川は流れていますので、昔はたくさんその川にいたのでしょうね。
森が美しければ川も美しいのでしょう。。。と無理矢理解釈。(爆)


>れんこんさん

カーッとはしなかったんですけど、この公園って周りが森なので、時々タヌキか何かのウ○チも落ちてるんです。
それも食べようとしたのでかなり焦りました。
まさか食べてないよね。。こわいよー。


>やまさん

かめ母さんはさすがだわ〜♪
父さんからも負けじとコメントが出るかな?(笑)

詳しく知らないんだけど、霊山寺のあたりって歴史的に怖い話があるみたいで。
まぁどこにでもある言い伝えみたいなものかもしれないけど。

生駒のトンネルってすっごく長いのに!!
メリパパっていったい何者!?

Posted by しーま at 2006年11月02日 22:03
今回、盛りだくさんの話題でコメントが長くなりそうです。

(1)好々爺のるび
どこかで見かけたような表情です。能の翁の面か? 日本昔話に出てくる、良いことをして長者になったお爺さんか? 
この写真をもって「このお爺さんを知りませんか?」と聞き込みに回りたい衝動に駆られます。

(2)多面性
吊り橋の上で固まるるびたんと、草原を脱兎のごとく駆けるるびたんが、おなじワンにはとても見えません。ほんとうに表情が豊かですね。

(3)「まがも さけえむ」
年季ではなく興味本位で調べると、NET上に全く同じ一文がありましたが、わかったのはやはり神社にあったということだけでした。場所は北海道帯広らしい。
別のページから「まがも」の「まが」とは「災害」のことらしいことがわかりました。
とすると、「美しく森を守らば この国の『災害も避け得ん』代々をかさねて」と解すると、意味は通じる気がしますが、それで良いのか宮司さんに聞いて来て欲しいものです。
内容から察すると、トトロか、もののけ姫の言葉のような・・・!

(4)神社
10年以上前、五木寛之の「風の王国」を読んだとき、そのロマンあふれるファンタジーに引き込まれました。
舞台は二上山で、その辺りの地理には疎い私は、しーまさんのブログを見ていて「あの辺りかなあ」と、漠然と思っていましたが、何れにしても大和だとか、斑鳩だとか知名だけでも神秘的なイメージのあるエリアなので、行って見たい場所の上位です。
Posted by 慎之介の父 at 2006年11月02日 23:35
ほ〜かめ母さんも慎之介父さんも凄いですね〜尊敬・:*:・ ( ̄* )
神社は大好きなのに知りません、奈良は今年の春に行きましたよ、奈良公園も大仏様も・・・しーまさんを知っていたら絶対お会いしたかった♪
Posted by きゃんどる at 2006年11月02日 23:56
すごーい、吊り橋があるんですか!それはモモナさんも経験ないです。大きくて立派な公園でるびたん楽しそうだけれどね〜♪しーまさんに遊ばれちゃったのね。
あちこちにいい雰囲気の神社があるって良い所にお住まいなんですね。お散歩が楽しい街ってポイント高いです。
Posted by ももなママ at 2006年11月03日 08:53
奈良散策いいですね
とっても季節感があって羨ましいです
るびちゃんつり橋駄目なの?
ゆらゆらしてあんまり心地良くはないよね
でも、楽しいお散歩コースですね。
Posted by ゆ-き at 2006年11月03日 12:29
ほほう。それは調べないと。
二上山は怖い伝説があったような。
遠足で迷子になtって怖い思いはしましたが。

うちのパパ?
無謀者です。
Posted by やまさん at 2006年11月03日 14:43
>慎之介父さん

で、で、でたーっ!父さん待ってました!
なるほど、「災害も避け得ん」とはこれまた納得のいく解釈です。
これは宮司さんにお尋ねに行かねば、と思いながら何となく写真をクリックしてみたら・・・。
きゃー、書いてました。(爆)
一番最後に「まが=災難」とちゃんと注釈があったのです〜〜。
私ったら、最後にはこの書を書いた人の名前が書いてあるものと思い込んで、ちゃんと見てませんでした・・。
母さんピーンチ!
どうやら今回は父さんに軍配が上がりそう
なのです・・・が♪
「森を守れば災難も起こらない。災難が起こらなければ真鴨も栄える」と!
きっとこれが一番正しい解釈だと思うのであります。


>きゃんどるさん

春に奈良に来られていたのですね!
確か、夏前頃からブログでお付き合いさせてもらったと思うので、すごく惜しかったです〜。
私もお会いしたかった・・。
きゃんどるさんの大好きな神社が奈良にはたくさんありますので、また是非お出かけくださいね。


>ももなママさん

るびとのお散歩がなければ、近所に神社がある事も絶対気づかなかったと思います。
木々の中に隠れてたりするんですよ〜。(笑)
まだまだ探索の余地はありそう。
また新しい発見があったら報告しますね♪


>ゆーきさん

つり橋くらい平気で渡るのかと思っていたので、とっても意外でした。
やっぱり隙間から下が見えるのが一番ネックみたいですね。
普通の溝でも蓋がないと飛び越えられないみたいなので、案外ヘタレなんですね。^^


>やまさん

遠足で迷子って。(笑)
奈良って調べたら怖い伝説がいっぱいありそうですよね。
霊山寺のは「その件には触れてはいけない」らしく、逆に興味をそそります。
何かわかったら報告します。(爆)
メリパパにも伝説がいっぱいありそう!




Posted by しーま at 2006年11月03日 20:36
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/558122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック